メニュー

トップ

感風読雲

空模様

二十四節気

気象画像

荒天資料

お天気用語集

海の中

掲示板

リンク

参考図書

地震の記録

アンケート

寒露

 露も冷たく感じられる頃。秋の長雨が終わり、秋晴れが広がる。コスモスの開花が進み、山では紅葉が始まる。散歩していると何処からともなく金木犀の香りが漂ってくる。秋の深まりを感じる。

コスモス七分咲き
2004年10月12日 すせんじふれあい花広場
 コスモスの開花が進み七分咲きくらいになる頃です。各地の名所ではコスモス見物の人たちで賑わいます。すせんじふれあい花広場も近くの方々を中心にお弁当を持ってきたり、とても賑わいます。学校帰りに花を摘んでいる少女の愛らしいこと。今も昔も良い風景です。
 山では楓などの色づきが始まる頃です。いよいよ紅葉シーズンスタートです。夏の気温、台風の接近数、秋の冷え込みなど様々な条件をクリアして美しい紅葉になります。余り綺麗な紅葉でないときも、例えば台風の強風で葉が傷つけられた年などは、風をよけられる山陰とかを探すと意外に綺麗な木が残っていたりします。台風の通ったコースを思い出し、風向を考えて足で探すべし。 油山の紅葉
2006年10月17日 油山
お濠の蓮刈り
2003年10月22日 福岡城址お濠
 夏の間、青々と繁茂していた蓮は枯れてお濠を埋め尽くします。それを刈り取る季節です。浮きの着いた筏のようなものにのり、手作業で刈り取っています。毎年見ますが、大変な作業ですね。
 一面蓮だらけだったのが嘘のように水面が姿を現し、カモが羽を休めるようになります。この風景を見ると「秋だなぁ」と痛感します。ちょっと寂しくなります。
 野山や町を散歩していると何処からともなく良い香り。金木犀や銀木犀の香りが漂う頃です。油山には金木犀が並木のように並んで通路を埋め尽くしているところがあります。そこは言うなれば香りのトンネル。とても良い気分になれます。 金木犀
2007年10月22日 油山

 

カウンタ
(2003.3.28~)