メニュー

トップ

感風読雲

空模様

二十四節気

気象画像

荒天資料

お天気用語集

海の中

掲示板

リンク

参考図書

地震の記録

アンケート

小暑

 本格的な暑さが始まる頃。梅雨明けが近く、梅雨末期の集中豪雨のシーズン。梅雨の晴れ間が出ると、とても蒸し暑くうだるような暑さになる。福岡を代表する夏祭り、博多祇園山笠がある。蓮の開花が進み、クマゼミが鳴き始める。

博多祇園山笠飾り山笠
2003年7月9日 福岡市中央区
 7月に入ると博多の町は博多祇園山笠モードに突入。長法被を着て山のぼせ達が町を練り歩き、市内の所々に飾り山が登場します。山笠を担いで博多を駆け抜ける15日未明の追い山にむけて、ムードが高まります。「山笠が終わると梅雨が明ける」と言われ、博多に夏を告げるお祭りです。
 追い山見物をしていて、夜明けを迎える瞬間はとても感動するものです。梅雨明けになくてはならない風物詩ですね。
 夏至の頃にチラホラと蓮の開花が進み、この頃にはお濠の所々で綺麗な蓮を目にするようになります。大きく背の高い葉に隠れるように咲く様は、日傘を差した和服美人を思わせます。梅雨明け前から盛夏にかけて目を楽しませてくれます。 福岡城址お濠の蓮
2006年7月11日 福岡城址お濠
蝉の抜け殻
2003年7月16日 福岡市中央区
 梅雨明け前になると天神周辺ではクマゼミがワシャワシャと鳴き始めます。ものすごい轟音で思わずiPodのボリュームをUP。街を歩いていても、アチコチの街路樹に抜け殻がひっついています。
 福岡はクマゼミに始まってアブラゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシと蝉の主役が入れ替わっていきます。郊外に行くとニイニイゼミも聞こえてきます。ただ、東日本で聞いていたミンミンゼミがいないのがとても残念。伊豆の田舎で聞いていたミンミンゼミの声が懐かしい。夏休みというとあの声だという記憶が未だにあります。

カウンタ
(2003.3.28~)