メニュー

トップ

感風読雲

空模様

二十四節気

気象画像

荒天資料

お天気用語集

海の中

掲示板

リンク

参考図書

地震の記録

アンケート

秋分

 昼と夜とが同じ長さになる頃。秋の彼岸の中日。残暑もおさまり秋の夜長が始まる。田園では稲が収穫目前となり、コスモスが咲き始める。

シロヒガンバナ
2003年9月24日 福岡市西区
 西区の元岡小学校の前を流れる瑞梅寺川の土手で白い彼岸花を発見しました。その名もシロヒガンバナ(シロバナマンジュシャゲ)とそのまんまですが、赤い彼岸花よりも上品に咲いています。元は園芸品種らしいですが、ここでは自生しているようでした。
 郊外の田園地帯では収穫前の稲穂を案山子が守っています。アニメのキャラクターが多いのが現代風。しかし、ちびまる子ちゃんで効果があるのだろうか・・・。毎年、どんな案山子が登場するのかとても楽しみにしています。 案山子
2007年9月25日 福岡市早良区
黄金色の稲穂収穫直前
2006年9月26日 前原市
 前原市の田園で稲穂が黄金色に輝いていました。収穫直前です。お酒の原料となる山田錦や食用のヒノヒカリを主に栽培しているそうです。台風の影響がないことを祈るばかりです。
 福岡市西区周船寺にある「すせんじふれあい花広場」は毎年必ず行くコスモスの撮影スポットです。10月に入るとチラホラと開花を初めて、秋分のうちに三分咲きくらいまで進みます。秋らしい雲も広がるようになり、撮影には良い季節です。 すせんじふれあい花広場コスモス開花
2004年10月6日 すせんじふれあい花広場

カウンタ
(2003.3.28~)